narinattaのシニアライフ

気ままなライフ日記

お雛様

1年ぶりにお雛様を飾りました。といっても段飾りではありませんので、簡単なものです。
花桃は昨日買ってきました。このお花がないと雛飾りの気分が出ませんので(#^^#)

f:id:narinatta:20210228153027j:plain
陶器のお雛 光堂作

光堂の陶器製の雛飾りは、収納もしやすくて綺麗に清潔に保てるので20年以上も前から使い続けています。ほんのりとしたぬくもりのお雛様を飾ると、もうすぐ春だな~と感じます。

仲良しのマキちゃんと、美味しいお蕎麦屋さんでランチを楽しみました。
ここは、ずっと美味しいと評判のお店です。コロナ禍で飲食業は厳しい状況と知っていますが、行ってみると私たちのほかに、もう一組のお客さんだけ。以前は満席で座れなかったこともあったのに…。聞くと「テイクアウト」も始めたというので、父のランチ用に天丼を作ってもらいました。サクッとして鮮度抜群の食材なので喜ばれると思いました。
上質なそば粉を石臼挽き自家製粉、ご主人による手打ちで、打ち立ての美味しさは絶品です。手抜きをしないご主人のお人柄は昔から知っていますが、この仕込み方でも客が来ないのは、本当につらいことでしょう。土曜日の昼の美味しいお蕎麦をみんなで食べに来ていたのに…なんとか持ちこたえてほしいです。

f:id:narinatta:20210228154755j:plain
かけそば ミニの天丼(キス・野菜) 香の物

tabelog.com

鯵の開き

シンプルな朝ご飯です。アジの開きがとっても美味しっくて最高!!
干物系が好きなのは、子どものころからです。太陽の効力が発揮されている干物、開き。
北海道や本県は、ホッケの開きが美味しいの。身がほぐしやすくって、小骨が少ないので毎食でもいいと思っていました。ところが鯵は、身がしっかりしていて臭みがないのが駿河湾、沼津沖の鯵だと思います。この頂き物の鯵の開きは、身がふっくら食べ応えがあり、塩加減もちょうどいいの。おかわりをしたくなるほどです。
いろいろ食べ比べをしてみましたが、ここ沼津産の鯵が最高だと思いました。

f:id:narinatta:20210226224504j:plain
お赤飯は、井村屋さんの小豆。

寒気団

昨日のモノトーンの世界に続き,今日も雪と風の強い日でした。アラジンがこんなに活躍する年は、めったにありません。
暖房費がかかって大変です💦 全室暖房ではないので、お台所のストーブをつけないと、足元からじわじわ寒くなってきます。もうクロッカスや水仙が咲いたところもあるというのに、こちらはまだ雪の下に眠っています。
楽しみと言えば、温泉通いでしたが、この1年間は感染予防のために行っていません。(年老いた父に感染すると大変だし)
時々、親しい2人くらいの友と、ちょっとランチと女子トークをたのしみ程度。(これもめったにできませんが)俳句会で12,3名集まるのも月に1度くらい。元来インドア派なので、コロナ鬱にはなりませんが、晴れて暖かくなれば散歩や遠出をしたいものです。


鮭のクリーム煮をつくりました。鮭は石狩鍋かす汁といった冬の代表的な鍋料理として有名ですが、バター、小麦粉、牛乳を順に加えるだけで濃厚なソースになるので、にんにくの風味をつけた鮭をこんがりとソテーすると、一段と美味しいクリーム煮になります。

f:id:narinatta:20210223223323j:plain
鮭のクリーム煮


面倒な確定申告の書類を、明日まとめようと思います。チャチャっと片付けておかないと気が重いだけだもの。

ひよこ豆のキーマカレー

玉ねぎ、にんじんをみじん切りに、合いびき肉は塩・こしょうをふり、フライパンでサラダ油を熱し、合いびき肉を炒める。肉の色が変わったら玉ねぎ、にんじんを加えてさらに炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、トマトソース、煮ておいたひよこ豆と水を加えて5分程煮る。カレー粉を加えて煮溶かし、さらに3分程煮る。これでキーマカレーの完成です♪♪
簡単だけど、おいしいの。
f:id:narinatta:20210223031344j:plain

曇り空。夕方は靄が続いていました。

先週の俳句会で詠んだものです。

水温む渋沢農場光浴び   (みずぬるむ しぶさわのうじょう)

春雨を弾く笑顔や下校道  (はるさめ はじく げこうみち)

不揃ひの梅花一枝を訪ね来し (ふぞろいばいかいっしたずねきし)

春禽やうすむらさきの園庭灯  (しゅんきん えんていとう)

荒野原一人立つ場所蕗の薹   (あれのはら ふきのとう)

風強き台地に満ちる春の草  (だいち はるのくさ)

蓮根と海老のはさみ揚げ

海老とはんぺんを使いました。蓮根はシャクシャクとした噛み応えが良くて、海老の香りがふんわり。
大変、美味しゅうございました。たけのこご飯も炊き込みましたよ♪

f:id:narinatta:20210221223344j:plain

ちょっと凝ったお惣菜を作ってみようと思います。

はんぺんは便利ですね♪

ほぐし蟹トマトソースパスタ

今夜の気温0度。日中より寒くなった~!
朝10時から、シルバー人材センターの講習会に参加。午後は、仲良し会の見学。久しぶり小学生たちの可愛い姿を見ました。
欠員補充の仕事で、しかもシフト制なのでアレですが、もしお声がかかれば、やってみたい仕事です。
感染対策のあれこれも、保健婦さんの説明を受けました。ワクチン接種の進捗状況もわかりました。手作り弁当も持参して刺激的な一日でしたよ。本当は資格を持っている図書館司書の仕事をしたいんだけど…もうね~~💧裏事情があるみたい。。

ほぐし蟹身を入れたトマトソースのパスタです。

f:id:narinatta:20210219215544j:plain

こういう赤いパスタを食べると、元気になるような気がします。とげぬき地蔵さんのところの「赤○○」的な(笑)
ニンニクをじっくり弱火で香りづけをして、トマトピューレを入れて煮込み、茹でたパスタをからめ、ほぐした蟹缶、白ワインを加えてひと煮立ちさせ、粉チーズとブラックペッパーをかけると、そりゃもうたまりません。おかわりしたくなる美味しさでした。

そうだ!確定申告しなくては!

ボンゴレビアンコ

根室産のアサリは、貝が大きい!びっくりするくらい出汁も出ました。1㎏を一晩塩水で砂出しをしてから料理をしました。




一つは、アサリの炊き込みご飯。一流シェフの教えに従ってだし汁でお米を炊いて、貝の身を分けておき、炊きあがってから混ぜ込むと、身が縮まらない…など指示通りにしたら、驚くほどの美味でした。春が来た~~!って叫びたくなった♪ 間(ま)の良い季節感を味わえる楽しみが、料理にはあるのよね。



二つ目は、ボンゴレビアンコ。これがまた!絶品なのよ。自画自賛で恥ずかしいですが、マジで美味しかった。アルデンテもうまくいきました。少し芯が残った状態で、パスタを乳化したソースにからめると、ちょうどよい出来栄えになりました。

貝って、すばらしい出汁が出ます。素材を生かし切った満足感に酔い痴れて、ま~ワインがすすむすすむ。抑制して適度に味わいました。
またアサリのいいのが地元の魚屋さんに出たら、再度作ろうと思います。愛しい誰かさんにも食べてもらいたいな…なんちゃって(笑)
 

f:id:narinatta:20210215213347j:plain
アサリとひよこ豆(一晩水に浸して、1時間ほど中火で煮込みます)
ひよこ豆とは良く言ったもので、かわいらしいひよこ🐤の形をしているの。人気があるお豆さん。
ちょっと目を離して鍋が焦げ付いたのですが、重曹ですっきり綺麗になりました。ひよこちゃん、ちょっと見、焦げてるところもありますが、ギリギリセーフでした。
いろんな調理法があります。そのまま食べても幸福感と満腹感があるお豆さん(笑)
 

   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆


今月号の結社の俳誌に紹介された拙句について。

名月や生命線の大きな弧

鑑賞文を引用します。
【前略…煌々と大地を照らす月と人間の寿命をつかさどる生命線の取り合わせ、そして下五で、大きな弧と言い切ったところが力強く非常に感心した。】○○様、ありがとうございます。恐縮いたします。
祖父の影響で、幼いころから月と生命の関係性を感じているので(潮の満ち引きなど)こういう句が生まれました。1年前に上京したときに感じたことは、過去記事に書いてありますが、疫病や天変地異など、世の中の激しい変化に動じない「大きな弧」を持ちたいと思います。それは人とのきずなであったり、家族の愛だったり、個々によるものでしょうが、今を大切にする価値観が、未来につながる。何気ないふだんの食事をおいしく作り食べることが、世界(自分)を動かすバタフライエフェクトになりうるのではないかと、ずっとその思いは変わりません。