narinattaのシニアライフ

気ままなライフ日記

豚ヒレ肉のステーキ

三寒四温の日々。気温差が激しく、体調管理が大変な時期。油断大敵です。
川端康成の長編小説「舞姫」の中にも「三寒四温」が登場します。
三寒四温の温に向いたか、近ごろになく、小春日和になりそうな、朝でもあった。』
と書かれています。今読み返すと、やたら句読点が多いのね。川端康成といえば『雪国』という小説が一番好き。
映画も2度、主役を変えて再作されています。新しい作品だと、岩下志麻木村功加賀まりこ沢村貞子。前のだと、池部良岸恵子。(敬称略)私はどちらの映画も見ています。どちらも日本の抒情美を幻想的に描いていて大好きな映画でした。晩年の川端氏は、加賀まりこさんをとっても可愛がったそうで、六本木のイタリアンレストラン「キャンティ」に出入りしていた加賀さんと川端氏も同店の常連で、親交が深まったというのは有名な話です。彼女を主役に映画の原作まで書いたというのは事実。大文豪の谷崎潤一郎もそうですが、晩年になると小悪魔っぽいコケティッシュな女性に魅かれる小説家さんて案外多いのね。創作の刺激になるのかもしれません。

それはそうと、身体を元気にする食べ物と言えば、ニンニク。6月末から7月が収穫期。晩秋に買いネットに吊して冷暗長期保存をしていても、今の時期どうしても芽が出てしまい、風味が消えてしまうのが残念です。昨日買ったニンニクの残ったものを冷凍保存することにしました。

むいた状態でジップロックで冷凍してもOK。冷凍のまま切る。

スライスやみじん切りにして保存もできます。冷凍のまま使うの。自然解凍だと水分が抜け出てしまい、ふにゃふにゃになってしまいます。冷凍すると数ヶ月保存可能。発酵黒ニンニクは、血のめぐりが良くなります。

ニンニクをすりおろし、豚ヒレ肉にもみもみして、ステーキを焼きました。

f:id:narinatta:20210307231857j:plain
菜の花のお浸し、胡瓜とみょうがの酢の物などを添えて。

『雪国』の舞台になった新潟の湯沢温泉の宿。島村と駒子は、雪の降る夜にどんなお膳を食べて、凍てつく星を眺めていたんだろう…なんてあれこれ想像を膨らませています(笑)

貝合わせ

お雛様にちなんで、貝合わせのことを話します。平安時代、江戸時代の遊びの一つ。江戸時代の貝合わせは、内側を蒔絵や金箔で装飾されたハマグリの貝殻を使用します。ハマグリなどの二枚貝は、対となる貝殻としか組み合わせることができないので、裏返した貝殻のペアを選ぶようにして遊んだとWikipediaに書かれています。私、この貝が好きで一組持っています。そしてお雛様と一緒に飾ります。本当はセットで貝合わせの遊びをしたいんだけど、そんな贅沢はできませんので、一組だけで楽しんでいます。これ、源氏物語の「若紫」の一こま。

f:id:narinatta:20210306222220j:plain

こういう貝の絵を見ながら、脳内タイムトリップを楽しみます。平安貴族の暮らしと一般人の差異を観察したり、どんな食事をしていたのか献立をチェックしたり…。

今日は朝から強い風が吹き上げて、雪に埋もれていた枯葉が舞い、渦巻き状に車庫に入ってきます。掃除が大変💦 6の日に開催する朝市に出かけ、旬の野菜や鮮魚などを購入してきました。アボガドがメチャ安かった♪♪

お弁当

タケノコご飯のお弁当です。
毎週月曜日に用意する夜のお弁当を父はお気に入りで、作る私も張り合いがあります。先日のお弁当はこういう感じです♬

f:id:narinatta:20210305200253j:plain

季節の彩を忘れないように、バランスの良いお惣菜をと心がけていますが、時折私の知らないところで、カップラーメンを買って食べているようで、驚きます。92歳になろうとする人がカップ麺って…。病院通いをマメにしていて、医師から血圧が高めです、と警告されているのに。ま、本人が食べたいものを食べてもらったほうが、円満解決だというとらえ方もできるのでしょうけれど。父の健康を気遣って食事の仕度をしている私からすれば、少し残念な気もするのですよ。

中華丼

ラーメン用に買ったなると巻が、かわいい中華丼です♪♪鳴門海峡の渦潮にちなんで名付けられたといわれている「なると巻き」。渦巻きがキュート。中華丼大好き♡

f:id:narinatta:20210304213658j:plain

今日は一気に春の陽気があふれて、ちょっとドライブにでも…と思うくらいの晴天でした。
雪も裏庭を除いてすっきり溶けて、去年のイタリアンパセリの、緑色の葉っぱが鮮やかでした。茎はしおれていましたが、葉っぱをつまんでみると食べられそうな感じ。福寿草も蕗の薹もまだまだ。気づくといきなり咲いていたりするので、生命力の強さに圧倒されます。さてさて球根ちゃんたちは、無事に越冬できたかしら?

3月1日に税務署に行き、確定申告を済ませてきました。なんとたった!!341円の返還。…なんも言えねえ…

春のちらし寿司

体調不良な時に、親友からタイミングの良い差し入れがありました。ひな祭りにちなんで、ちらし寿司。これがまた、おいしいの!実家の父の分まで作ってきてくれました。美しい色どり。細やかな気配りのきいたお弁当に、心が満たされます。いざというときに本当に頼れるのが親友!わが人生に悔いなし。ありがたいことです。

f:id:narinatta:20210303231442j:plain
ちゃんとアサリのお吸い物まで、ついていました。

3月3日は、なんとなく女の子にとって楽しい日です。ふだん食べる気がしない「菱餅」も、甘くて美味しく感じます。


動画で、「テレ東NEWS」を見ます。テレビ東京は、面白い番組が多くて好きなのですが、地方局ではだいぶ時間が経ってから放映されることが多いので、動画のニュースは貴重です。
そしたら、例の池袋暴走老人の公判があったんですね今日。奇しくも「お雛様の日」に。被害者の女の子は、生きていれば「ひなあそび」を楽しんでいたことでしょう。

【引用はじめ】
東京・池袋で2019年4月、車を暴走させて母子2人を死亡させ、他9人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告の第6回公判が3月3日東京地裁(下津健司裁判長)であった。

この日は、警察の実況見分に立ち会った、飯塚被告が運転していた車両のメーカーの事故解析担当者に対する証人尋問が開かれた。

弁護側はこれまでに、経年劣化によって「電気系統のトラブルでブレーキが利かなかった可能性は否定できない」と訴えている。

メーカーの担当者は検察側の主尋問で、被告車両の故障記録が診断機で読み出せたことを挙げ、故障を検知するシステムが正常だったと指摘。

故障記録について「車両の損傷状況と一致する」と述べ、不具合によるものではないと証言した。

その上で「仮に異常が発生した場合も、安全に走行できるよう設計されている」と主張した。

弁護側は意見書で、部品の経年劣化やショートによる不具合の可能性を指摘したが、メーカーの担当者は「部品交換の必要性があれば警告やシステムが検知する」と否定。

弁護側の反対尋問では、電気信号のノイズにより誤動作を起こした可能性を追及されたが「おかしな信号があれば検知できる」と証言した。

時事通信が報じた起訴状の内容によると、飯塚被告は2019年4月19日、ブレーキと間違えてアクセルペダルを踏み続け加速。赤信号を無視して横断歩道に進入し、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(同3)をはねて死亡させたほか、9人に重軽傷を負わせたとされる。

次回の公判では、飯塚被告に対する被告人質問が開かれる予定。

被告人質問「全て漏らさずに聞いて」
亡くなった松永真菜さんの夫拓也さんらはこの日も、被害者参加制度を利用して審理に参加。公判終了後、司法記者クラブで記者会見を開いた。

拓也さんは被告人質問の機会について「2人がどれだけ大切な命だったのか、未来があったのか、この2年どんな思いだったのか、全て漏らさずに聞いてもらいたい」と訴えた。 【引用終わり】
 
飯塚被告は、原子力委員会核融合会議の専門委員を務めていました。オイルショック以来、旧通産省(現・経済産業省)の技官のトップとしても、ひとりの研究者としても、日本のエネルギー安全保障に真摯に向き合わられているとか。現在の新エネルギー・産業技術総合開発機構の設立にも携わっていらしたようです。だからなのでしょうか、逮捕もされず、優遇措置をとられるのは。技術者である前に、一人の人間として罪に向き合う姿勢が感じられないのがとても不思議です。90歳のステータスを崩壊させたくない必死な「あがき」を見苦しいと諭す身近な人はいないのでしょうか。奥様、お子様、親族係累、、。今日の公判で飯塚被告の弁護側の主張が科学的根拠のないものであるとトヨタプリウスメーカー側から立証されても、まだ悪あがきする気なのでしょうか、飯塚被告は。死ぬまで控訴し続ける(かもしれない)彼の強い意志と見識の高さを、誰もが賞賛するわけがないでしょうよ。亡くなった女の子は、お雛様の歌をもう歌えません。裁判官、裁判長の公正な裁断を願うのみです。なんだか…思いたくもないけれど、こんな老人が増えた?ってことはないよね?

こしょう鍋

知人からレシピを聞き、豚バラ肉と油揚げとありあわせの野菜で、こしょう鍋を作りました。特別な出汁ではなく、野菜から抽出するスープと胡椒を多めに入れるだけで、驚くほど美味しくなります。

f:id:narinatta:20210302221630j:plain
冷蔵庫の整理をかねたこしょう鍋、絶品!!

翌日は、取っておいたお鍋のスープを使って、ラーメンにしました。これがまた!!どこのラーメン屋さんにも負けないほどの、極上ラーメンが出来上がりました。よくラーメンの達人が、骨の髄や鶏ガラを何日も加熱して仕上げる場面を見たことがありますが、そういうことをしなくても、昔懐かしい支那そば(ラーメン)ができるって知って、予想外の展開でした。年老いた父は、おかわりしたいくらい美味しいって喜んでくれました。

f:id:narinatta:20210302222521j:plain
こしょう鍋のつゆだけを使ったラーメン

今日は雨。明日はグンと気温が下がるそうで、気が重いです。風邪気味というせいもあって、少し頭痛が続いています。黒にんにくと薬を飲んで寝ます。

カキフライ

今日から3月。高校は卒業式。昨年同様、今年の卒業式も生徒にとっては切ない式になるでしょう。気の毒です。

藤井 風くんが、報道番組「報道ステーション」に生出演しました。新曲「旅路」を配信リリース。番組では新型コロナウイルス感染拡大の影響により部活動の縮小など大切な時間を失ったまま旅立ちを迎える学生たちや、この春“卒業”するすべての人に向けて生演奏を届けました。なお藤井くんがテレビに生出演するのは今回が初となります。癒されたよ、風くん。



冬に一度は食べたいカキフライ♪ 今回のカキフライも大粒で美味しかった!

f:id:narinatta:20210301215654j:plain
カキフライ

牡蠣鍋も美味しいし、生ガキもいいけれど、やはり一度は食べたいのがカキフライです。
スーパーマーケットで売っているのは、小粒で何個か合わせて小麦粉にくるまないと、美味さが消えてしまいます。やはり粒が大きいのを、と迷った挙句に、通販で取り寄せました。気仙沼産。広島産のもおいしいですね。大きいごろんとした牡蠣。これに卵、小麦粉・チーズ粉などをまぶして、揚げました。
牡蠣にサラダに柚子、レモン汁をかけていただきますと、も~~絶句するほど美味しいの。
牡蠣は、いいね! と相槌を打ちながら、お気に入りを楽しみましょう!