narinattaのスイートプラン

気ままなライフ日記

焼肉

田子牛の焼肉です。柔らかな肉質に父は満足していました。良かったわ。デザートは、わが家のイチジク
食用菊をいただいたので、茹でました。本県では、菊の花を食べるのは普通のこと。黄菊の阿房宮をさっとゆでて,おひたしにするとシャキッとして美味しいのです。酢の物、てんぷらなども。

f:id:narinatta:20211017214422j:plain


f:id:narinatta:20211017214444j:plain


f:id:narinatta:20211017214510j:plain


f:id:narinatta:20211017214533j:plain

キノコと菊ときゅうりのおろし和え


今夜の月がとてもきれい。18日は、十三夜(栗名月)です。友人からもらった栗を茹でましょう♪炊飯器で茹でたらどうかしら。南郷村では、十割そば(新そば)ができて、盛況の様子。ニュースで観たら、食べたくなりましたよ( ^^) _U~~

ナポリタン

シンプルなのがいい。ナポリタンは昔から大好物です。

f:id:narinatta:20211017030108j:plain

晩ごはんは、昨日の田子牛の焼肉にします。楽しみ♬ 
父が、騙されて買ったC国の洋風土鍋が、IH対応じゃなかった(-_-;) 時々、相談なしにこういうのを買ってしまう父。
高齢者をなめんじゃない。父には、「もうそういうの買わないでね」と言いました。忙しい時のこういうトラブルは、なんだか…ね。私は使わない。

雨の遊歩道 みろくの滝

田子町観光協会によると、みろくの滝は、室町時代初期頃に弥勒菩薩を信仰し、この滝の元で修行を積んでいた「キュウ岳坊」というお坊さんにちなんでつけられたとか。美しい情景とともに、滝のしぶきが発する物理的なイオン効果もあり、パワースポットとして人気を集めています。
雰囲気のある森林が広がり、樹々の色は大急ぎで紅葉し、やがて白い季節へと移ろい変わります。滝を眺める角度によってスヌーピーのように見えるって。小雨決行でした。友人と一緒じゃなかったら行かなかった(-_-;) で、行ってその神秘的美しさに打たれました。ゆっくり遊歩道を楽しみたかったけれどね。人が誰もいなかったのが幸い。

f:id:narinatta:20211015234937j:plain

f:id:narinatta:20211015235006j:plain


田子町は、奥羽山脈のすそ野にある町。「ニンニクの町」として全国的に有名です。町名は「小高い丘」を意味するアイヌ語タプコプ」に由来し「田子牛」は厳しい自然のなかで育てられていて、生後10ヶ月まで広大な牧草地で健やかに育ちます。奥羽山脈の湧き水、安全な飼料、清潔な牛舎、徹底した健康管理で肥育しているので肉質はとても柔らかく、脂身は多めですがとてもあっさりとしています。その美味しさや肉質は、需要が追いつかないほどの人気で「幻の黒毛和牛」と呼ばれているほどです。

f:id:narinatta:20211015235033j:plain

f:id:narinatta:20211015235233j:plain

f:id:narinatta:20211015235258j:plain

池田ファームというレストラン。有名人の色紙がたっくさん(笑)こんなにディープな処に来てるんだ~!秋田県に近いの。

県南在住なのに、初めて食べました超高級ブランド牛だから、なかなか手が出なかったの。私はランプ。友はヒレ。最高の味でしたよ。惜しむらくは、タレ?がいまいち💦にんにくおろしがもっと欲しかったし。焼肉を焼くみたいにステーキを食べたの(笑)。甘くって柔らかくって父も喜ぶだろうと、お土産のお肉を買いました。明日焼いて差し上げよう。喜ぶ顔が浮かびます。今度は、おしゃれなケーキと珈琲店に行こうッと♬友と打ち合わせ♫ お互いに良い息抜きができました(*^-^*)


aomori-miryoku.com

アスパム

長い有料トンネルを抜けると、ピーカン(笑)。ピーカンとは快晴のことで、もともと映画業界が撮影時に使っていた言葉で、語源は快晴の空がタバコのピース缶の色に似ていたという説だとかなんとか。若い人には「死語」なんですって?ともかく晴れて気持ちが良い一日でしたよ。

青森観光物産館「アスパム」会議室での動画収録(マスクをはずして話すので、口紅をつけたよ久しぶりに)と作品審査会。順調に進み、予定よりも早く済んで暗くならないうちに帰宅できました。夕食後、またも爆睡して💦今目覚めたところ。この頃こういうサイクル、体に良くないですわ。


f:id:narinatta:20211015031721j:plain


f:id:narinatta:20211015031750j:plain


f:id:narinatta:20211015031815j:plain


f:id:narinatta:20211015031842j:plain

いつも思うのは、1Fの物産館のディスプレイのつまらなさ"(-""-)"、動線も配慮されていないし、テナントのオリジナリティもなく、ただ土産物を平面的に詰め込みすぎ。注目してほしいものを目立たせるために「余白」を意識するのもひとつのコツ。色も香りも立体感も感じられないタダの観光地の土産店と同じ発想なんだよね。実演販売するとか特化した何かを販売すればいいのに。アップルパイ屋さんだけ、数名のお客さんが並んでいました。もっと他県のソレ、勉強して来てよ、県の観光課ダサいのよ。買う気にならないもの。へたくそ。せっかくの良い素材を生かしきれていない残念な物産館。

f:id:narinatta:20211015031910j:plain


最上階からの海の景色は、最高でした(^^♪。会議室を使うの初めてでしたが、眺望にうっとりして素晴らしい気分でした。毎日見てたら、そんなに感動もしないでしょうけれど。東京のタワマンに住んでいる人も、毎日だと当たり前になって感動も薄くなるんじゃないかな、って同僚に言うと「住んだことがないからわかりません💦」って笑われました。私はかつて親しくしていた友人がタワマン住人だったので雲上人の気持ちがわかる(笑)停電した時、エレベーター止まって大変だったって(あの大地震のとき)「ヨー! チェケラッチョー!」チェケラッチョ(これも死語?)( ^^) _U~~
お弁当、メッチャ美味しかった~~(^^♪ このごろの会議て、お弁当もなくなってしょぼいご時世ですが、今回は嬉しかったよ。
久々の仲間や高校生との会合、やはり対面がいいですね。マスクなしに話せるのはいつになるのか。帰りに、古い喫茶店で美味しい珈琲を飲みたかったけれど、早く帰りたくって寄らなかった。今日は、友人と南部地方の田子町(ニンニクで有名)で田子牛ステーキをハムハムするしね。楽しみっす♫

戦の前の腹ごしらえ

おうちごはんは、カレイの塩焼き、キノコと胡瓜の大根おろし添えです。あとは作り置きのお惣菜各種。空腹で焦ってしまい、カボスのカットしたのをカレイのお皿に添えるのを忘れて💧しまった。
ま、今夜はこれで大満足。さ、明日の準備をしましょうってゴロンとしたら、寝落ちしてしまい、今起きてお風呂に入りました。これからです。朝、6時過ぎには出発しないと。

f:id:narinatta:20211014023915j:plain


f:id:narinatta:20211014023949j:plain

ほうれん草のおひたし、みょうがとラディッシュの紫蘇酢漬け、ピーマンと厚揚げのジャコ炒め、いぶりがっこ。←メッチャウマ!

貝焼き

f:id:narinatta:20211013032936j:plain

家にある大きなホタテ貝で貝焼きをしました。醤油の焦げる匂いが台所に漂って食欲の秋を満喫します♫
本県では昔からお嫁入りの道具の一つとして、大きなホタテ貝を持参します。(海辺の風習)農村ではそういうことはしないみたい(笑)貝殻から出汁が染み出ておいしくなるのを実感します。手の平より大きなホタテ貝は、今や希少品。買えば、3000円以上するかも。

朝10時の空の色がこんなにきれいでした。

f:id:narinatta:20211013033728j:plain
 
電線の絡み合う街鰯雲」 某高校生男子の俳句です。


午後に保育園に出勤すると、園長先生から相談事が。パートさんが一人辞めることになり、小学校の定年退職した方で働ける人がいないかしら、と。保育士不足の昨今、退職したパートさんで補っている現状なのです。聞いてみますと言い、夜に知人に電話したら、別な仕事をしているからと断わられました。残念。でもね~~こういうことじゃますます幼児教育が厳しいことになっていく・・教育を大事にしない国は、滅びます。新しい文科省の大臣、厚労省の大臣、施策がありますか。取り返しがつかないことになる前に対策を講じてほしいものです。


明後日は青森市に出張です。久々の高校生の東北大会がリモートで開催されるので、審査講評をもう一人の講師の方と一緒にライブ中継するのです。自分の締め切りも抱えているのに、必死で生徒の応募作を審査し、今夜、電話で結果を照らし合わせて打ち合わせをするという綱渡り💦
講評の準備もしなくてはならず、明日の夜も忙しいです。コロナ禍で止まっていたのが、また動き出しました。

お弁当

月曜日は、父にお弁当を届けます。私の夜のボランティアがあるためです。いつも楽しみにしてくれるので、作り甲斐があります。

f:id:narinatta:20211012072319j:plain

マグロ中トロのお刺身・筋子・卵焼き・しみ豆腐の肉詰め・茄子ピリ辛炒め・ほうれん草と菊のお浸し・鰯の塩焼き・菊と茗荷の紫蘇酢和え・小エビのふりかけ。

おうちごはんは、その残りです。

f:id:narinatta:20211012072345j:plain

緊急事態宣言解除や蔓延の沈静化とともに、さまざまな行事や会合が復活して、やることが増えてきました。夜もその仕事の関係の準備が続きます。仕事もあるので、時間の調整をうまくしないとヤバい。でも、生活にハリがあるので大丈夫です。
熊本の友人から電話があり、長話をしました。楽しかった(*^-^*)。着物のリメイクもステキなものばかり。

f:id:narinatta:20211012072410j:plain

f:id:narinatta:20211012072442j:plain

作務衣。古い着物。村山紬や大島紬銘仙や絣をうまくミックスして働きやすい作務衣。すべて一点ものです。保育園にも俳句の会合にも着ていけそうな身軽さが気に入ったので、採寸をしてもらいました。同じ柄のではなく、これから着物を探します。楽しみが増えたわ(*^-^*)