narinattaのスイートプラン

気ままなライフ日記

🔷 降り続く雨

今は晴れていますが、現在19℃。曇り

夜に子どもの学習支援があり、父にお弁当を渡しました。担当の市職員の方の妹さんが、高校の部活の生徒だった。世間て狭いわ。

時々、急にキレる癖のある父なので、いつ癇癪を起すか油断できません。急いで片付けたりして父のゆっくりペースに合わせられないとき困ります。
介護職の方、わかって下さいますよね。今までの苦労が空しくなる。

親子だから遠慮ないからね、父は。ヘルパーさんには見栄張っていい顔しているのに…少しほっておくことにします。



🔷 ナツツバキ

庭の夏椿の花が白くたおやかに散って雨に打たれています。拾うとふんわりした花びらで、首からポロンとこぼれ散る。

先日、アマゾンだかネットフリックスだかで観た『首』を連想しました。戦国武将役に名優勢ぞろいでしたが、マア~~!残虐非道シーンばかり。あれが北野武監督の映画。リアルな戦国時代ってことなんでしょ。



🔷 今日の一句

  夏椿落ちて青空広がりぬ

俳句大会

🔷 青森市で俳句大会

日曜日に青森市俳人協会俳句大会がありました。「青い森鉄道」の車体が、本県出身の漫画家、馬場のぼるさんの漫画でカワ(・∀・)イイ!!。「11ぴきのネコ」
素朴であたたかい絵柄です。思わずパチリ。


骨折しているので車の長距離運転は避けて鉄道を使っています。同行者と楽しくお喋りするのが楽しいし。句会の前に講演があり、仲村青彦氏のお話が、とてもとても奥深くて魅了されました。演題は「子規と時代と俳句」。 内容は、江戸、明治維新の俳句の変容から「人間探求派」の硬質の抒情という言葉について、写生とは単にスケッチではなく、自分の人生を写す歌人斎藤茂吉曰く)ものだというのが具体的に語られて、はっきりとわかりました。成田千空氏の「地霊」まで解説なさるお話が素晴らしかった。アマゾンで彼の句集を購入しました。


席題で出した我が句

 無言館出て深緑に抱かれをり

佳作に選んで下さり、恐悦至極。うれしかった。

宿題で出した句

 梅雨湿り潮の匂ひの小学校 人位、秀逸、佳作受賞。

あと1点とれば、図書カードもらえたので残念なり。

おむすび弁当(卵焼きとラッキョとツルムラサキのおひたし)を同行者のYさんとおしゃべりしながら食べました。レストランを探さなくていいのでラクチン。


夜から雨。ずっと土が乾いていたので帰宅するやいなや水やりしたのですが、雨が地面を夜通し潤してくれたので、樹や花が喜んでいます。

今夜は、ひとり親こどもの学習支援があります。父にお弁当を作るよ。台所にころがしていた玉ねぎの芽が出たので、地植えもしよう。

ヒラツメガニ(平蟹)

🔷 ヒラツメガニ (八戸では、ヒラガニと言います)

八戸産のカニ。今が最も美味しいです。毎年この時期に食べると「季節」を意識するの。漁獲量が減少傾向にあり、高級品となっています。小ぶりで身肉は少ないですが、ダシが良く出るので濃厚なカニの味が楽しめます! 小柄でも蟹味噌がびっしり入っているのが特徴。全部メスだった💖ラッキー。毛蟹より食べやすい。


ソラマメ (これも今が旬)

茹で具合がちょうど良かったので、コクがありホクホクッと食べました。茹でる時、さやから出した豆の黒い部分の反対側に浅く切り込みを入れます。すると塩味が沁み込みやすく、皮もつるんと剥けやすくなるの。


デザートはイカ


カニと豆とスイカでお腹がいっぱいになりました。旬のものをいただくと、季節と共に生きている喜びを味わう感じ。庭の花もまた然りでございます。




🔷 温泉露天風呂

ずっと猛暑が続き、庭の水やりが大変です。朝からジョーロ持って汗まみれになったので、早朝から営業している地元の一本木沢温泉に行きました。誰もいないので写真を撮りました。掃除したての✨キラキラした源泉かけ流しは最高です♬露天風呂大好き。息が苦しくないし風が心地いい。空が青い。





朝風呂に入ってスカッとしても、一日の日課をこなせば、また汗💦になるので、日に2回入浴することに…心配なのはシャンプーを2度もすると髪が劣化してパサパサするんじゃないかと。洗わないようにしようと思っても、やっぱり気持ち悪くてシャンプーしちゃうのが困ったことです。

明日は青森市に行きます。例の「青い森鉄道」に乗って。
会場に、梅入りおむすびとお茶と漬物を持参するつもり。ホントはカット林檎も持って行きたいのですが、きっとぬるくなって美味しくないだろうな。
自分で作ったものが、一番安全で美味しい。たまに「柿の種」を食べたくても裏側の見ると「ピーナツ」はすべてC国産でガッカリ💦千葉県の落花生と信じてた「板垣の豆」もC国産。千葉県の落花生じゃなかった!本当にどれここれも日本のモノじゃなくなってる。好きだった「オレオ」や「リッツ」もC国産。道理で味が落ちたと思った~~💦 検索したら、大橋珍味堂 ポット柿の種と千葉産ピーナッツ 260gというのがありました。近くのスーパーには置いてないから「お取り寄せ」するしかないのか。送料が高くなったから、配送料が無料じゃないと買えないな~。

ナスの翡翠煮

🔷 ナスの翡翠

包丁の切っ先で茄子に切れ目を入れて、180℃の油でくるくる回しながら揚げます。切れ目を入れないと茄子が爆発します💦
プロのように、鮮やかな緑色にならなかった💧でも味は良かった。

●水 白だし めんつゆ みりん 砂糖 塩の調味料に煮びたしにして冷やしておき、ごま油で風味をつけます。定番の夏料理


晩ごはん

スルメイカのお刺身・茄子の翡翠煮・天然の海鞘・ハムサラダ・小豆の冷や汁紅白なます・もずく酢。



🔷 子どもたちと一緒の俳句学習会

小学5,6年生のクラスの風景。

朝9時から、小学1・2年生、3・4年生と休憩をはさんで学習会をして終わったのが12時半くらいでした。今年も楽しかった!高学年になるとすっかり上達して面白い句がたくさんありました。みんな和気あいあいと句作に励みましたが、次年度からなくなります。少子化のため学校が閉校になるの💦
母校がなくなることは、地域の人たちにとっても大きな悲しみです。子どもたちも辛いでしょう。本当に気持ちの良い生徒たち、先生たちでした。秋に親子の学習会があるので、それで完結します。時代の流れとはいえ、なんとかならないのでしょうか。あちこちで閉校閉校って、おかしいです。

今までの学校制度そのものが破綻しつつあるような…。



🔷 ドクダミを漬けました。


俳句学習会でかいた汗をお風呂で流し、ランチをとり少し休憩してから、乾燥したどくだみを瓶に詰めてホワイトリカーで漬けました。それから父の夕食の支度をして戻ったのが7時過ぎ。庭の水やりをしないと、花たちの声が聞こえてきそう。今日も暑かったね。お疲れ様。クタクタな一日でした。

ドクダミのチンキ作り

🔷 ドクダミの日干し

ドクダミ三毒を消す(三毒とは先天の毒・後天の毒・食毒)」という言葉もあるくらい、古くから民間療法として重宝されてきました。

ドクダミは解毒薬として有名ですが、皮膚の炎症を抑える効果もあるとされています。

高齢の父が、老人性乾皮症で皮膚科でもらった薬も市販薬も全く効果がなく、仕方なく私がドクダミチンキを作ってスプレー容器で背中に噴霧したら、痒みも腫れも引き、肌を掻いて肌着が血で汚れることがなくなったのです。昔からの民間療法って素晴らしいです。お金もかからないし簡単に作れるのですから。

昨年作ったのがなくなったので、今年のドクダミを摘んで乾燥させました。

カラカラに干さないと、殺菌が繁殖するのです。ドクダミと35度のホワイトリカーを殺菌した瓶に入れて2ケ月くらいすると実用可能です。出汁用の袋にドクダミを詰めて「ドクダミ風呂」にするのも、効果的。ハーブの香りみたいになるの。

植え込みのオンコが広がり、下の花たちに陽がささなくなったので、自分で樹ばさみでチョキチョキしましたが、まだ肘の痛みがあり長くは続けられません。庭師のYさんが早く剪定に来てくれないかしら💦



🔷 今から庭の小さな花たちに、水やりをします。

イチリンソウ

ハナキンポウゲ

ケイトウ

紫陽花が一輪だけ開花しました



🔷 パピコ(梨味)とかき氷

暑い時は、これが美味しい!


今日は小学生の俳句学習会があります。半日、子どもたちと楽しんできます♫

揖保乃糸&三陸めかぶそうめん

🔷 暑中見舞いのおそうめん

朝から30度の暑さです。午後も外気温は31度でしたが、風があるので結構涼しいのです。父が素麺を食べたいと言うので、三陸海岸のめかぶ素麺も一緒に茹でました。白と緑の2色で涼しげでしたが、海苔をかけたら映えなくなり残念でした~。
梅雨にはまだ入っていませんが、なんとなくじめっときたら、素麺でサッパリしましょ♪♪

牛の焼肉サラダ・茗荷紫蘇小葱海苔などお好みで。ラッキョウやもずく酢も合いますよ。




🔷 庭の花々

シモフリマツヨイグサ
富士に月見草(太宰治の小説のくだり)も登場します。宵待草(よいまちぐさ)の俗称は、竹久夢二(1884-1934)が大正元年(1912)に発表し、大流行しました。。
♬待てど暮せど来ぬ人を
 宵待草のやるせなさ
 今宵は月も出ぬそうな~~~♬ この歌、好き。




ビオラ

どんどん広がっています。パワーがあるわ。


イチリンソウがやっと咲きました♬ 花茎の先に花を一輪咲かせる多年草なので毎年会えるのが楽しみです。


庭仕事をしていると、あっという間に時が立ちます。汗まみれになるので、お風呂に入ってサッパリスッキリ♪♪



🔷 今日の一句

  雲の峰落ちてまた蹴る逆上がり

父の日の鰻重

🔷 国産の鰻(成城石井 手焼き蒲焼)

築地「うなぎはいばら」  父は完食しました。よほど美味しかったみたい♬


お味噌汁・ツルムラサキとあわび茸きのこのバター炒め(海のアワビのようなコリコリとした食感のキノコです。美肌やダイエット、コレステロールの沈着防止に効果的な食物繊維のβグルカン・ビタミンB2をたっぷり含んでいます。)



🔷 清掃ボランティア

毎年1回、この道の掃除をします。韻文の石彫版を丁寧に洗う奉仕。きれいな道として愛されています。

終わった後のお弁当、美味しかった🎵 午後から定例句会。汗まみれだったので、終わるやいなや 温泉露天風呂へ直行。




🔷 我が家の庭の花

ようやく咲いた百合の花


勝手に飛んできた「タネ」が一個の花として定着しました。タチアオイ


ゆすらうめの実(甘くて美味しい果実)ジャムにしても果実酒にしても美味しい。




🔷 今日の一句

 葬送の車横切る山桜桃(ゆすらうめ)